お小遣い

独身での老後が不安なのでパパ募集
私は子供の頃、門限が厳しくて、放課後は塾に行くこと以外は許されず、友人と自由に遊ぶこともできませんでした。
大学に入ってから親に頼み込んでアルバイトを始めて、ようやく門限を21時まで遅くしてもらえました。
バイト仲間たちとご飯を食べて帰宅できるようになって、初めて友達と呼べるような人たちと出会えて、毎日とっても楽しかったんです。
特に店長には、ずいぶんと気に入ってもらっていたみたいで、可愛がってもらっていました。
人手が足りない時は、店長に休日出勤を頼まれるんですけど、そのたびに、お礼とご飯に連れて行ってもらっていました。
あるとき、他愛ない世間話の中で、私がお小遣いをもらっておらず、バイト代も「将来のために貯金するから」と家に全額を入れていることを話したことがあります。
それ以降、店長は私に「お小遣いだから」「休日出勤分のボーナスだから」と、ちょこちょことお金をくれるようになったんです。
さすがにお返ししようとするんですけど、「親心のようなものだからもらってほしい」「それで可愛い服でも買いな」と言って受け取ってくれないんです。
もらってばかりで申し訳なくて・・・いつも、私が店長に何かできることがないかと考えていたんです。
ある日、雨が強い夜、店長の車で家に送ってもらったんですけど、そこで話の流れで、店長が奥さんとセックスレスだということを聞いてしまったんです。
それで・・・私でよければ、使ってくださいって・・・車の中で、店長にキスしてしまったんです。
店長は驚いていたけど、優しい人だから無理に突き飛ばすようなこともできなかったのか・・・体が密着しているうちにお互い気持ちが高まってしまって、そのままセックスしてしまいました。
私が初めてだったからか、店長がとても驚いていました。
それがきっかけになって、店長とはラブラブの関係になりました。
お小遣いもくれるんですけど、私はそんなことより、早く奥さんと離婚してほしいなぁって思っちゃうんですよね・・・
出会い系アプリ
LINE セフレ