カテゴリー別アーカイブ: 三角関係

お小遣い

独身での老後が不安なのでパパ募集
私は子供の頃、門限が厳しくて、放課後は塾に行くこと以外は許されず、友人と自由に遊ぶこともできませんでした。
大学に入ってから親に頼み込んでアルバイトを始めて、ようやく門限を21時まで遅くしてもらえました。
バイト仲間たちとご飯を食べて帰宅できるようになって、初めて友達と呼べるような人たちと出会えて、毎日とっても楽しかったんです。
特に店長には、ずいぶんと気に入ってもらっていたみたいで、可愛がってもらっていました。
人手が足りない時は、店長に休日出勤を頼まれるんですけど、そのたびに、お礼とご飯に連れて行ってもらっていました。
あるとき、他愛ない世間話の中で、私がお小遣いをもらっておらず、バイト代も「将来のために貯金するから」と家に全額を入れていることを話したことがあります。
それ以降、店長は私に「お小遣いだから」「休日出勤分のボーナスだから」と、ちょこちょことお金をくれるようになったんです。
さすがにお返ししようとするんですけど、「親心のようなものだからもらってほしい」「それで可愛い服でも買いな」と言って受け取ってくれないんです。
もらってばかりで申し訳なくて・・・いつも、私が店長に何かできることがないかと考えていたんです。
ある日、雨が強い夜、店長の車で家に送ってもらったんですけど、そこで話の流れで、店長が奥さんとセックスレスだということを聞いてしまったんです。
それで・・・私でよければ、使ってくださいって・・・車の中で、店長にキスしてしまったんです。
店長は驚いていたけど、優しい人だから無理に突き飛ばすようなこともできなかったのか・・・体が密着しているうちにお互い気持ちが高まってしまって、そのままセックスしてしまいました。
私が初めてだったからか、店長がとても驚いていました。
それがきっかけになって、店長とはラブラブの関係になりました。
お小遣いもくれるんですけど、私はそんなことより、早く奥さんと離婚してほしいなぁって思っちゃうんですよね・・・
出会い系アプリ
LINE セフレ

性依存症

若いころは、ちょっとしたことで下半身が反応しちゃって、大変だった。
まぁ、中学とか高校の時だから、周りもみんなそうなんだろうけど。
体育の授業とかで女子の水着とか、英語の先生の胸元とか。
夏とかやばかったしな。
思春期のそういう下半身の問題は、別に性依存症というわけじゃないだろうけど、ほとんど1日、そういうこと考えてたし、頭の中セックスで一杯で、本読んでて、そういう場面になると、何度も読み返しちゃったりして。
あと、友達のお兄ちゃんが、エッチな雑誌いっぱい持ってたから、見せてもらったりしてさ。
だけど、大人になった今でも、なんかそのころとあんまし変わらない気がするんだよね。
性依存症
同僚の女とか見てると、すぐ反応してるし。別に彼女のことが好きってわけじゃないんだ、なんかむっちりした感じがすごくエロっぽくて勝手に下半身が反応しちゃうんだよね。
これも、性依存症になるのかな。普通だと思うんだけど。
その同僚、いつもパンツスーツを着てるんだけど、お尻の部分がぴったりしてて、なんか触りたくなっちゃうんだよね。女のパンツスーツって、逆にエロいと思うんだけど、女ってそういうことわかってやってんのかな。
性依存症って、セックス中心に生活が回っているって感じなんだろうけど、目に入るものとか耳に聞こえるもので、セックスを連想しないものって逆にあるのかな?
なんか、そうやって、すべてのものをセックスに関連付けてしまうのが、すでに性依存症なのかな。だったら、自分、けっこうやばい。

不倫
W不倫

口内射精

 PCMAXを使っていたのは、恋人作りたいとかセフレを作りたいってことじゃなかったんです。
35歳の既婚サラリーマンの俺、趣味は料理だったこともあったから、料理を作るのが好きな女性と知り合ってメッセージ交換を楽しみたいって考えていたんです。
そんな俺とやりとりをしてくれたのが、27歳の人妻でした。
彼女も料理をするのが好きらしくて、メールの交換も随分と盛り上がりました。
自分たち流のレシピを教え合ったりして、腕を競ったりもしていたんです。

 なぜそんな関係だった相手とセフレになってしまったのか?仕事の後に待ち合わせして食事でも行こうという事で盛り上がっていきました。
本当にこの時点では食事だけで話だったんだけど、どうやら彼女実は旦那と上手くいっていないようなんです。
それで寂しい気持ちがあったようでした。
彼女の方からさりげなく誘ってきて、据え膳食わぬは男の恥ですからね、そのままラブホテルで関係を持つことになってしまったんです。
フェラ好き女

 まさかの展開だったから、結構テンションが上がってしまっていました。
「あの、中では出さないでください。
あの…口内射精で出してくれたらすべて受け入れますから」
ちょっと恥ずかしそうに言うその人妻、立場上当然中で出されたら大変なわけですよね。
「うん、最後は口内射精で決めるから、しっかりとゴックンしてね」
「はい」
こうしてこの人妻とセックスと言う関係をはじめて持ったのですけど、初対面の女性の肉体をいきなり食べちゃうなんて、信じられないぐらいの興奮になってしまいました。
めっちゃくちゃ硬くなっているペニスを、オマンコの奥の方まで突っ込んでバシバシと動かし続けたんです。
彼女の喘ぎ声もとってもエロいし、オマンコの中も凄く気持ちよくて、必死になってピストン運動繰り返してしまいました。
射精寸前にオマンコからないで、彼女の口の中に持っていってドバッと口内射精を決めていったのです。
本当にすべて飲み干してくれちゃうし、感激でした。
その後も、料理のやりとりを続けているんですけれど、たまにラブホテルに行くような関係にまでなってしまっています。
クンニ友達
舐め友